紫外線対策もお忘れなく

冬でも紫外線の影響は受けてしまいますよ。日焼け止め、日傘などの紫外線対策も重要ですが、食べ物からでも効果を発揮できるんですよ。ビタミンやβカロテン、亜鉛などを含む食材を積極的に食べることで、体内からの紫外線対策をはかれます。

スキンケアの手順

洗顔

このときにキメ細かい泡を作ることで、肌表面に残っている汚れをしっかり洗い流すことができます。汚れが毛穴に残ってしまうと、やがてそれは炎症を起こし、ニキビになる可能性大です。

化粧水・美容液

ビーグレンの化粧水には美容成分がたっぷり!肌にのせるときは手のひらで顔を包み込み、体温を与えることが大事です。体温によって毛穴が開き、美容成分がより浸透しやすくなりますよ。

目元美容液

よく動かす目元はシワができやすいパーツ。シワを防ぐ為にはたっぷりの美容成分が必須です。のせるときは目頭から目尻に向かうようにして優しく叩き込んでいきましょう。

ゲル

1回あたり真珠1つ分だけの量で充分。むきたてのゆで玉子に触れるように、優しく薄く伸ばしていきましょう。これが保湿の要になります。ケアの行程が多いですが、終わりはもう少しです。

クリーム

スキンケアの最後はクリームです。ハイドロキノンが含まれているクリームなら、保湿した肌の蓋をしながら紫外線からのダメージを緩和してくれます。

合成界面活性剤の正体

化粧品

肌のバリア機能

人間の体はつくづくよくできているもので、外部から異物が侵入するのを防ぐ為にバリア機能が備わっています。その効果は高いものですが、日々のメイクやクレンジングにて合成界面活性剤が含まれていると、バリア機能を衰えさせることに。分かりやすく言うと、ダメージに弱いお肌になるのです。

使い続けるとどうなる?

本来であれば、体内へ侵入させない異物が侵入することによって、後天性のアレルギー症状が生じることもあるでしょう。その他の事例として、丈夫な肌も慢性乾燥肌になる可能性があり、肌トラブルへ繋がることもありえます。
肌を守る為には、合成界面活性剤不使用のビーグレンに切り替えるのもおすすめ。

アンチエイジングの効果

ビーグレンの化粧品がもたらす保湿効果は本物で、特に年齢が出やすいというおでこや目尻、ほうれい線のシワを綺麗に消してくれますよ。即効性はありませんが、毎日続けてケアを続けることで深いシワもたちまち目立たなくなっていきます。

2種類のビタミン

ビーグレンのアンチエイジング化粧水には、強力な2つのビタミンが含まれています。それは「レチノールプラス」と「レチノイン酸トコフェリル」。これらは、コリ固まった肌を柔軟にほぐし、ビタミンEを与えながら徐々に肌へ潤いとハリを取り戻してくれます。

広告募集中